2018年9月5日~9日まで六行会ホールで上演される舞台「NINJA ZONE」。

そのプロモ動画がYouTubeにて公開されていました。

ということに管理人は今日気づいたのですが、本日時点で再生回数は49回。

というわけで動画を拡散希望(紹介)いたします。


NINJA ZONEは、忍者や侍、さらにはアイドルなど日本の文化を様々に取り入れたアクション作品。

公式サイトによると、作品のあらすじは次のとおり。


どこか遠くでも近くでもない、未来でも過去でもない架空の街「華舞綺TOWN(カブキタウン)」そこは治安という概念が崩壊した街。

様々な犯罪者たちが集まり潜み、警察や法律も手の届かない治外法権エリア。この都市を仕切るのは2代目秀忠率いる巨大な悪組織・徳川組。

そんな街で、唯一人々に夢を与える場所・竜宮館<DRAGON INN>。そこでは、5人の美女たちによるグループ“BLASTING GIRLS”=“BG(ビージー)”のパフォーマンスが、人々に夢や勇気を与えていた。そして彼女らの正体は、「華舞綺TOWN」を裏から守る” 甲賀流FEMALE NINJA WARRIOR=KUNOICHI”だったのだ。

街の支配を深めるため、組長・徳川秀忠は”伊賀流YAKUZA-NINJA六人衆 BURAIKANN”を招集し、竜宮館の排除に動き出す。
「華舞綺TOWN」を平和な街にするため、パフォーマンス(KUNOICHI)集団BGと、徳川組伊賀流YAKUZA忍者部隊との激しい戦いが、今始まる!!

チケットの価格は
S席(特典付):7,800円(税込)
A席:6,500円(税込)
となっているようです。

『華 ~女達よ、散り際までも美しく~』では見事に時代劇を演じきった小林れい。
今回も時代劇風の作品ということで、いつもの彼女らしい凛とした演技に期待が高まります。

さて冒頭に紹介した動画に小林れいと共に出ている宮原華音(みやはらかのん)。

ウィキペディアによると夢アドと同じタンバリンアーティスツに所属しています。
1996年4月8日生まれ、東京都出身。2018年現在、日本体育大学に在籍中の模様。
170cmの長身を誇る彼女の特技は空手だそうです。

・・・こう書くと、たしかに時代劇とか殺陣とかに向いていそうな様子が伺われますね。

チケットはまだ販売中のようです。公式サイトへのリンクを貼っておきましたので、ご興味のある方はぜひどうぞ・・・。

関連記事:見ないと損するところだった舞台上の小林れい