8月のイベント連戦が一段落したところで、夢アドはどれくらい検索されているのかGoogle Trendで調べてみました。

Google Trendとは、Googleでの検索の勢いをグラフ化したもの。
時系列で見ることができるうえに、複数ワードでも検索できます。

たとえば「巨人」と「阪神」でどっちがどれくらい検索されているか。また勢いはどうか。どの地域で検索されているか。
そんなことも分かってしまいます。




t1
(画像:管理人の検索結果を画面キャプチャ)

7月1日~8月27日までに範囲を絞って調べてみました。
その結果、8月1日を頂点に、その前後でヤマが形成されています。
おそらく「TIF参加直前に調べてみた」、「参加後に気になって検索した」という人が多かったものと思います。


t2


地域別で見ていくと、荻野可鈴の出身地山梨県、志田友美の出身地岩手県で検索需要があったことが伺われます。

推測に過ぎませんが、それぞれの地元でのイベントが影響しているものと思います。

・・・となるとTIF関連仮説が崩れてしまうが・・・?


管理人が調べた限りでは、検索の勢いがこの夏になって急上昇している様子ではありませんでした。
しかしTIF、@JAMなどで認知度は確実に上がっているはずですので、これからも秋の活動に期待したいです。

Google Trendは他にも「今どんな検索ワードが勢いがあるのか」など、いろんな情報をいろんな角度から観察できますので、ぜひ色々試してみてください。

ちなみに、統計はともかく色んなアイドルのグラビア動画を見たい! という方にもご案内です! コチラが楽しそうです!! 【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料