ラジオNIKKEIで毎週火曜19:00~に放送されている「#とらメロ」。

リスナーの力を結集して荻野可鈴をお金持ちにする番組。

この番組を聴いていると、必ず聴こえるのが荻野可鈴の引き笑い、「ヒィーヒッヒッ」。

2018年8月28日放送分でも。
荻野「私、男の人の上半身すごい嫌いなの」
スタッフ「下半身は好きなの?」
荻野「違う、ヒーッヒッヒ」
という一幕が。

今日はその引き笑いについて考えてみました。


引き笑いをする人の性格とは?

よく「〇〇する人の心理」なんていう本がありますよね。
「唇をよく舐める人 → ちゃっかり屋さん」のような。

では引き笑いする人の性格や心理は・・・?

1.息づかいが上手くない
2.せっかちな性格
3.陽気で明るい性格
4.勢いのある会話をする傾向がある
5.みんなから好かれる人気者タイプ

こういう性格がある模様。
真偽はともかく、3~5はかなり当たっているような気がします。

荻野可鈴は2018年現在、芸歴10年を数えます。
2012年からは夢アドのリーダーとなります。以後6年間グループを率いてきました。
これが総理大臣や大統領なら立派な長期政権。
アイドルと政治の世界を単純に比較することは無理がありますが、3~5のような性格ではないとリーダーを務めることは難しいのではないでしょうか。

案外、引き笑いはリーダーの素質を暗示しているのでしょうか・・・?

さて荻野可鈴以外で引き笑いといえば明石家さんまさんが有名です。
さんまさんの引き笑いは、音名でいうと「シ」だとか。今度聞こえてきたら注意してみたいと思います。それにしてもこんな共通点があるなんて、ある意味縁起がいいですね。

管理人としては、彼女がさんまさんのように長らく芸能界で活躍できることを願ってやみません。


注:本記事作成にあたり、以下URLを参照させて頂きました。
イケジョ通信 https://ikejo.net/iki-suinagara-warau-16121
お笑い好きな20代男子が送るOWALIFE! https://owalife01.com/hikiwarai-genin