言うまでもないことですが、2018年9月16日開催、「イセ食品 森のたまご presents わーすた Summer LIVE TOUR 2018〜JUMPING SUMMER〜」品川インターシティホール公演に夢アドも参戦していました。

たとえば荻野可鈴はこのようにツイート。



夢アド公式ツイッターはこのようにツイートしています。


7人が横一線に整列したときは海上自衛隊の整然とした艦船の並び方のようで(?)、キレイですね!!
・・・べつにわーすたのわーしっぷ(warship)だから海上自衛隊を持ち出したわけじゃないですよ!

と思いきや、わーしっぷのロゴは船を意識したものだったよう。
知ってる方はすでに知ってるかもしれません。もしかしたら初歩的なことを大発見のように書いているイタい奴なのかもしれません管理人は。

船つながりなら、海上自衛隊を持ち出したのもあながち的外れではないのかも・・・?

さてこれも初歩的なことかもしれませんが、この記事を書いていて気づいたのは、夢アドのメンバーもわーすたのメンバーのツイッターをフォローしているようです。

アイドルたちも相互にSNSをフォローしあって、情報交換しているのでしょうかね。

どこまで本当かは分かりませんが、ある公益系の業種では定款から就業規則、賃金規程、危機管理など法人内で定めておくべき規則集を法人単位で相互に交換しあっていると聞きます。
そうすることで、規則を新たに作るときに他の法人がどうやっているかを参考にし、自分のところの規則が業界内でも標準的な姿からかけ離れたものにならないようにしているのだとか。

アイドルもSNSを通じて交流を深め、インスタのうまい使い方やバラエティ番組での気の利いたコメントの言い方、ファンへの不満(!)などを横展開しているのかも・・・?
これは管理人の憶測に過ぎません。

が、有名人になることのメリットの一つは人脈が広がることでチャンスが広がること。
わーすたのイベントに夢アドが参戦した(そして大盛況だった)ように、お互いの知名度や魅せる技術をシェアしあってwin-winになればファンも喜んで三方良し。

アイドルに限らず、有名人のSNSの使い方についてもっと勉強したくなりました。