夢アド公式サイトにもアナウンスされているように、9月24日(月・祝)、イナズマロックフェス2018に夢アドも登場します。夢アドが参戦するということで、ご覧になる方も多いと思います。

これは滋賀県出身の西川貴教が主催するフェス。

このフェスには西川貴教のある「思い」がありました。



イナズマロックフェスへの西川貴教の思い

じつはイナズマロックフェス、2016年は落雷の影響で中断、天候が回復しないためそのまま中止となっていました。
2017年も台風の影響でやむなく中止。

なぜ9月なのか? という疑問をお持ちになる方もいらっしゃるでしょう。
西川貴教はツイッターでこう語っています。

「9月に開催することを問題視されていることも存じておりますが、僕の誕生日である9月19日に近い連休で産んでくれた母に感謝を伝えたくて日程を組んでいます。何卒ご理解ください」

故郷である滋賀県に寄せる思い、そして母への強い愛情がにじむ文章です。
イナズマロックフェスを実行することは、西川貴教の胸中では郷土を尊び、家族を思いやることにもつながっているようです。

そのような晴れがましい場に夢アドが選ばれているわけですから、彼女たちには堂々胸を張って歌や踊りを披露してほしいと思います。
このフェスは「売上」や「マスコミの注目度」よりももっと大きなものを背負っているのですから――。



*本記事作成にあたり、以下報道を参照しました。
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/19/0010568081.shtml