「週刊ヤングマガジン」でグラビアに挑戦した山口はのん。

今度はそのことをきっかけにモデルプレスのインタビューを受けていました。



山口はのん、これでモデルへの道を開くか

インタビューではモデルプレス読者に向けて次のようにコメント。

夢アドオーディションに合格してまだ1年たたずですが、ずっとモデルプレスの記事をみて憧れてた世界でした。オーディションに合格して感じる事は挑戦の連続だと思っています。今回の水着もですが、たくさんのモデルプレスをみてくれる方達の励みになれるようにもっともっと頑張ります!応援よろしくお願いします!

とはいえグラビア、アイドルなどの業界も、女性アイドルグループがここ数年で爆発的に増えたので人材供給の観点から言うとやはり激戦の感は否めません。

これからどう山口はのんは道を切り開いていくか。
手前味噌ながら、参考になるのは
水無瀬ゆきが新しいことにチャレンジ中ですという記事に書いたように「キャリアはかけ算」で広がるという観点ではないでしょうか。

自分の記事からの引用ですが、
キャリアはかけ算だとよく言われます。例えば、「英語ができる」に「会計に詳しい」。
単に英語ができる人材、会計に詳しい人材は世の中に沢山いますが、両方に秀でた人材は限られます。
逆にいえば、両方できる人はレアキャラなので引く手あまたになるという理論です。
では山口はのんの持ち味は何だろうと考えたときに、
・身長168cmという、女性としては背が高いほう
・特技はテニス
・ゴルフもできる
・独特の声
こんなところが挙げられます。

なので、例えば「サーブの成功率が絶対上がる7つのワザ」なんていうテニス雑誌記事のモデルならピタリとハマります。

おじさんホイホイを狙って、「バンカーから確実に脱出するためのフォーム」なんていうゴルフ雑誌記事のモデルなんかもありですね。

・・・などとマネージャーでもないのに山口はのんの活躍を勝手に夢想する管理人でした・・・。



ちなみに、グラビア動画に興味がある! という方はこちらもどうぞ・・・。
【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料