TV放送は完結しましたが、「理系が恋に落ちたので証明してみた。」はGYAOなどで配信されており、視聴可能となっています。

深夜が辛い(笑)管理人の私はTVではなくもっぱらオンデマンド視聴に頼っています。


GYAOでは今第3話を見ることができます。


4
(画像:GYAOより管理人キャプチャ。以下同)

今回はデートすることでどれくらいドキドキするのか、手を繋ぎたくなるのか、など様々な事例のデータを集めようとするもの。

デートコースはなんと横浜!

管理人は昔横浜に住んでいたことがあり、みなとみらいから中華街にかけてを何度となく歩き回りました。ときには女の子を連れていましたが、そんなときはやたらと気合が入りました!

その横浜を雪村・氷室が闊歩する・・・!?

5

まずは喫茶店から・・・。
しかし、

8
さすが理系! 割り勘も正確!!

こんな調子で話は続き・・・、
9

ついに観覧車でドキドキする二人。撮影当日はどうやら雨だったようですね。
しかも残念ながら荻野可鈴の出番が少なかった(涙)。


「なぜ氷室を好きだと判定した!? 何を根拠にそう言えるのか!?」
真実の姿に迫ろうとする二人を見ていると、管理人も困惑してしまいます。
「なぜ俺は夢アドを好きだと判定したのか!?」

かつてちびまる子ちゃんでもまる子から「なんでお父さんって巨人が好きなの?」と訊ねられ、答えられないというシーンがありました・・・。
「なんで俺って巨人が好きなんだっけ・・・。


・・・。


・・・。


静岡出身だからだ!」

答えにならない答えでうやむやにしてしまう父・・・。

さて管理人はなぜ夢アドを好きだと判定したのか!?
京佳にドキドキした回数655回。志田友美の髪がキレイだと思った回数966回。ブログの記事数は227回。夢アドのMVを見た回数これは覚えていない! ライブに行った回数これもちゃんと数えていない! これでは好きだと証明できない!!!

ちなみにですが、私が横浜にいた時、仕事の都合でインダストリアルエンジニアリング(IE)という手法を学びました。人・設備・モノのムダを見つけて改善するという、アメリカ生まれの手法。
なかでも有名なのはワークサンプリング法というもの。「1日の労働時間8時間のうち、工具を交換した回数X回で労働時間の何%。部品を組み立てた回数Y回で労働時間の何%」と分析していき、無駄作業がないかを分析するというものです。

結果的に、作業場のレイアウトが悪かったり、特定の作業が標準化されていなくて非効率だったり、、、という問題をあぶり出すのが狙い。

まさに雪村たちがやっているのと似ているので、ドラマを見ていて少し懐かしくなりました。

しかしあまりにIEにこだわると、「今日は荻野可鈴の引き笑いX回。志田友美が髪をかきあげた回数Y回。手の角度は〇度が最頻値! 山下彩耶のジャンプは何センチ! これは水無瀬ゆきと比較すると・・・」のように何でもかんでも数字で捉えるようになってしまいます。

結果的に変な奴になってしまいますので、くれぐれもご注意ください。