12月に実施予定となっているライブツアー。

そのライブにかける意気込みをメンバーは続々とブログで語っています。







3人のブログを読んで、管理人なりの感想を書き留めておきたいと思います。
皆様はいかがお考えでしょうか。

1.荻野可鈴
文字量が多い! 前回の更新からなんと8ヶ月ぶりの更新でした。
その空白を満たすかのように思いを詰め込んだのでしょう。長い文章ですが一気呵成に書き上げた様子が伺われます。

彼女は心境を次のように吐露しています。
アイドル業界は今低迷期、氷河期と言われています。
続けたくても続けられない現実や
私たちより長い間アイドルをやってきた
グループが解散する姿を沢山見てきました。
やりきった表情でステージを後にする人
まだやりたかったんだよって気持ちが
伝わってくるような表情でステージを後にする人
寂しい気持ちになっているファンの方も沢山見てきました。
(出典:https://ameblo.jp/ogino-karinn/entry-12407562660.html)

夢アドの人気も客観的に言って足踏みが続いています。管理人なりの判断としては、2016年6月ごろが一つの盛り上がりのピークでした。
しかしその足踏みも次のチャンスを捉えてジャンプするための準備運動だと考えたいです。

また、7人体制になったことへの思いも明かされておりリーダーとしての責任感も感じられます。
荻野可鈴がリーダーで良かった。そう思える一文となっています。


2.水無瀬ゆき
ブログそのもののタイトルは「いつかエッセイ本になるまで」。
出版という野望があるのでしょうか。

肌寒い風が、秋の香りが、
去年を思い出す




思い返せば、もうあの頃から一年が経つ。


緩やかに進んでいた二十云年とは
打って変わり加速を覚えた今年は
去年の自分が見たら
誇らしいわたしになれているのだろうか
(出典:https://ameblo.jp/minase-yukitambourine/entry-12407107766.html)

という書き出しは何やら文学的。以前もaikoの「カブトムシ」を意識した文章を掲載していました。
しかし単なるポエムで終わらせないように、新メンバーとしての集大成を届けるとファンに宣言!

これまでのベストパフォーマンスが期待できそうです。

それはそれとして、文才にも恵まれてる方なので、個人的には水無瀬ゆきが作詞した夢アドの曲を聴いてみたいんですけどね・・・。


3.山口はのん
高校を卒業したばかりで、まだまだあどけなさや儚さがにじむ年齢。
しかしアイドルは常に「未完成」を前提としたもの。
横浜、大阪、兵庫3公演、
兵庫は私の地元!
ワンマンを地元でできるのはすごい事なので
楽しんで盛り上げて
最高に楽しい時間に必ずします!
(出典:https://ameblo.jp/yamaguchi-hanon/entry-12407333332.html)

東名阪ではなく、横浜、そして中部地方ではなく近畿地方で2度のライブ。
今回はツアーで大阪、兵庫は連日のライブとなり体力や緊張感をキープすることがカギになりそうです。

これまで夢アドはリリイベなどで兵庫を訪れていますがワンマンしかもツアーでの訪問となります。
私は東京でこの記事を書いています。当然、横浜のライブに行くことになります。
しかし兵庫のライブをやりきった山口はのんは、おそらく一生に一度の表情を見せるはず・・・。
ライブ、DVD化されないでしょうかね・・・。