前回記事、「ラブライブ兄貴が羨ましい京佳のモザイクだらけバスツアー」を書きながら感じたことですが、少しずつ動画の編集クオリティが上がってきているようです。

ラブライブ兄貴が羨ましいのは引き続きですが、芸能人が次々とYouTubeに参入しているのを見るにつけ、YouTubeで配信している京佳、水無瀬ゆきもますます刺さる動画の作成に邁進して頂きたいと思います。

なぜこんな話をしたかというと・・・。

京佳は廣田あいか(ぁぃぁぃ)と仲良し! 一緒にプリクラを撮影した様子をSNSに投稿しています。

その京佳の盟友ぁぃぁぃ、こんなツイートも。


この動画を見ると、UUUM株式会社に所属が決まったとのこと。
うーむ。

UUUMとはウィキペディアによると
2013年に鎌田和樹によって設立された。
主にYouTubeで活動するYouTuberへ技術提供やマネジメント、ショッピングサイトなどの運営などを行う。収益源は主に企業から受注した案件と、所属するYouTuberによる動画広告収入の一部である。
とのこと。YouTubeは2005年2月に設立。Googleが買収してからというもの、一気に社会に浸透しました。小学生の憧れる職業にもサッカー選手やパティシエと並んでYouTuberがランクイン!

最近では動画を撮影するためにセットを組んだりと、一気にTV番組づくりの世界に近づいています。

本田翼も2018年9月にYouTubeに参入し、ゲームの実況を配信したところ同時間帯での視聴者数が世界一位を記録したそうです。

ニュースソースにはリンクを貼っておきました。
この手の世界では1回再生されるたびに0.1円程度の収入があるとか。

ぁぃぁぃしかり、本田翼しかり、芸能人が動画配信に参入している様子を見るにつけ、どうやらメディアの覇権はマスである映画、TVからネットに移りつつあるように見えます。そっちの方が楽で儲かるんでしょうかね・・・。

アイドルの現場も、握手会のようなリアルな接触イベントからSHOWROOMのようなオンラインでの「接触」に変わっていくのかもしれません。

なにしろ幕張メッセとかポートメッセなごやとか、会場に出かけていくのは一苦労。
着いたら着いたで大行列で接触は一瞬なわけですから、「だったらSHOWROOMのほうがいいよね」と思う人が増えてきても不思議ではありません。

これは管理人なりのあくまでも仮説にすぎませんが、自分なりのオピニオンとして書き留めておきたいと思います。