荻野可鈴様、生まれてきてくれてありがとう!!
#とらメロ

とつぶやいてほしい!

・・・と生放送で要望がありました。

でもすいません、管理人は仕事などの都合でタイムシフト視聴です・・・。
社会人はいろいろあるのです、申し訳ない・・・。




2018年10月9日放送分では荻野可鈴、「裏垢でツイートしないように」と注意していました。
(裏垢があるのか、それともあると見せかけたジョークなのか・・・。)

メモ代わりに、気になった点をいくつか書き留めておきたいと思います。

1.虹香出演「荻野可鈴のすべてが好き」とのこと。
誕ぞわ日メッセージとして、自分のイベントの宣伝を告知してしまうwww
しかも荻野可鈴生誕祭と思いっきり日程がかぶってるやんけ!

ノーギャラでやって来て、じつは自分の告知だけして帰っていくという流れでした・・・。

2.甲斐市副市長登場・・・。
一瞬、アイドルに電凸するなんて副市長暇なのかと思ってしまいました。
しかし副市長氏もノーギャラ(「公務員だから」)でした。

3.當山みれいも登場
「ラジオ内で私の曲をかけてくれてた」とのことで、荻野可鈴が好きな曲の傾向がうかがい知れそうですね。Happy Birthdayと歌う彼女はまさにプロの声を披露。これだけでもタイムシフトで一聴の価値があると思います!

4.荻野可鈴のお母様も登場
生んでくれてありがとね → 醒めた言い方でありがとうのシュールな流れに一瞬椅子からずり落ちそうになりましたが、番組向けの視聴者を意識した会話でありながら母娘の絆が感じられる内容でした。
(やはりノーギャラだったこと)

23歳を迎える荻野可鈴、彼女の冠番組がこれからも長く長く続いてほしいと思いました。
アイドルグループは突然解散したりするものですから(例えば最近もいくつかのグループに解散報道がありましたね)、「続いている」それだけでもありがたいことだと日々感じている管理人でありました。