言うまでもなく、3月18日は夢アドメジャーデビューの記念日です。


メジャーデビューの契約書(のコピー)がホールの天井からヒラヒラと舞い落ちてきた2014年末、東京国際フォーラムでのライブが懐かしく思い出されます。


さてメジャーデビューして4年が経過しています。

その後難しい時期もありましたが契約を切られずに生き残っているというのは、CDが売れない昨今、かなりすごいことではないでしょうか。

なにしろ日本に女性アイドルグループは無数にありますからね・・・。
実際問題、日本の女性アイドルグループはいくつあるのかというと、一説によると3,000だそうです。

うち、100のグループがメジャーデビューしていると仮定すると、その100グループの中に含まれれば上位3%に入っていることになります。その場合、偏差値は大体68~69となります。

これはあくまでも個人的に実施してみた勝手な計算にすぎませんが、少なくともソニーからCDを継続的にリリースできているという時点で相当なもの。
無論、「当たり前は当たり前ではなかった」というのは失われて初めて気づくこと。
CD発売~リリイベ~ライブツアーという流れが楽しめるのは本当にありがたいことです。

メジャーデビューから4年、夢アドがこれからもますます楽しいグループとなっていくことを陰ながら応援いたします。


注:本記事作成にあたりオリコンニュース「全国で3000組がシーンを牽引、“アイドル戦国時代”のその先は?」(https://www.oricon.co.jp/news/2076166/full/)を参考にしました。