志田友美がツイッターで皿うどんを称賛。
投稿から38分で29リツイート。16万のフォロワーを抱えるインフルエンサーの営業力はものすごい・・・。



一体どんな店なのか調べてみました。

まずは「孤独のグルメ」で取り上げられたとのことで、その様子が番組HPに掲載されていました。
(主人公の井之頭五郎(松重豊)は)道玄坂の小さな路地にシブイ佇まいの「長崎飯店」を見つけた。かつての渋谷を思い起こさせる佇まい…ショーケースに並ぶ、皿うどんや中華メニュー…心躍らせ中へ入ると、若女将(川上麻衣子)に勧められるまま丸い回転テーブルに座った。五郎は皿うどんに「軟麺」という見慣れない文字を見つけ、それと春巻きも注文する。
「かつての渋谷」という言葉がありますね。
今でこそハロウィンに若者が集ったり、某アイドルの1stシングルのMVが撮影されたりと、若い人たちの街といった風情ですが、この景色は70年代~80年代に西武・東急がこぞってパルコなり109なりと若者向けの商業施設を開発したことから生まれたもの。
それ以前はもうすこし昭和くさい風情の街並みだったようです。
「かつての渋谷」は、そういう昭和な様子のことを言っているのだと思われます。

食べログの評判もなかなかのもの。やはり孤独のグルメのことに触れているレビューもあります。



大規模チェーン店の攻勢に負けず、こうしたお店が都会のど真ん中に営業を続けているのはなんとも嬉しいことではないでしょうか。

渋谷でも夢アドのライブがありますが、その前後に立ち寄るのも良いかもしれませんね。