2019年5月18日、横浜にて夢アドのライブが行われました。

チケットは完売。横浜中華街にあるライブハウスにユメトモが集結しました。

そして数々の歌を披露するはず・・・でした。



私も現場に(ひっそりと)いましたが、なんと(というか記事タイトルを見ればもうわかりますよね)機材トラブル(?)のせいなのかなんなのか、3,4曲ほど歌い、曲は「リーダーシップ」になったところで突然伴奏が途絶えました。

あれ、あれ? でもみんな歌ってるから、そういう編曲なのかな。
たぶんそうだろうな。

違いました。
本当に何らかのトラブルで曲が「飛んだ」とのこと。

代わりにメンバーが編み出した秘策はなんと「アカペラ」。

というわけで急遽セトリに入っていななったトーキョーデリシャスランデブーやYOU&ME、JUMPなどがアカペラで披露され、なんとかかんとかトークも交えて場をつなぎました。

これも夢アドが数年のキャリアを誇っているからであり、また荻野可鈴が普段ラジオのMCをしてトークを磨いているからであり、駆け出しのアイドルだったら舞台で立ち往生していたはず・・・。

また、必死に場をつなごうとする彼女らと、それを暖かく見守るユメトモには、たしかな絆で結ばれていることが感じ取れました。

荻野可鈴は最後に「もっと大きな会場でみなさんと会いたい」のようなことを宣言していました。

そしてユメトモは大音量でアンコールの声援を送っていました。

ライブは何がおこるかわかりません。今回もこのようなトラブルが繰り返されないよう、実施には万全を期していただきたいものですが、反面ユメトモの絆の固さが可視化された、ある意味特別な一夜だったと言えるでしょう。


取り急ぎ、現場での目撃者情報として記事化いたします。