飲んだ人なら分かるはず。

あの吐き気がするほどまずい、バリウム・・・。




 
私もバリウムは何度か飲んだことがあります。

最初に炭酸水っぽい、胃を膨らませる材料? のようなものを飲まされ、次にドロっとしたバリウムを飲む羽目に。
さらにはいろんな角度で揺さぶられる寝台のようなものに乗せられ、様々な姿勢を取らされて「オエッ」となります。

未経験の方もいつかは経験することになるはずですが、本当に地獄です!

志田友美がこの年齢で人間ドックを受けたということは、プロとして相当自分の健康に気を使っていることが伺われます。

たとえ体に異常がなくても、「なにもない」ことを医学的に証明するだけでも価値はあります!

9月1日にはこういうイベントがあり、夢アドも出演します。

3Hクリニカルトライアル株式会社が運営するがん情報サイト「オンコロ(https://oncolo.jp)」が、小児・AYA世代(15歳~39歳)のがん患者・体験者支援、疾患啓発、研究支援を目的に、2019年9月1日(日)「渋谷ストリームホール(http://stream-hall.jp/)」にて開催するオンコロPresents「Remember Girl’s Power !! 2019」第二弾出演者として、Pile、夢みるアドレセンスが決定しました。2016年開催以来4年連続(4回)の出演となります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000013827.html

人間ドックを受けていれば、なにかしらの病気を早期発見する役にも立ちます。

このことは何度か書きましたが、お住いの自治体や加入している健康保険組合によっては、一定の条件を満たすと人間ドックの受信に対して補助金が出る場合があります。
(日帰り人間ドックなら、だいたい4万円前後が相場ではないでしょうか。)

若いときにがんにかかってしまうと進行が早く、致命的なことになります。

たとえがんでなくても、何かしら健康維持のためのヒントが見つかることもありますのでぜひ一度は受診してみてください・・・。

ちなみに私=管理人も4月に人間ドックを受けました。
異常は見つかりませんでしたしBMIなども正常でした。


しかし酒の量が多いせい(きっとそうだ)で「肝臓の機能に問題はないが脂肪肝ぎみなので気をつけろ」「海藻類、野菜類をもっと食べろ」などと栄養士に指摘されました・・・。