「希望のあるところに人生がある。希望は新しい勇気をもたらし、何度でも、強い気持ちにしてくれる。」(アンネ・フランク)

「この世でなされる全てのことは、希望の力によるものだ。」(マルチン・ルター)

どんなところにも希望はある・・・。


 
婚期を逃したという荻野可鈴。

そうでしょうか。

私は都道府県別の結婚年齢を調べてみました。

「都道府県別の結婚・出生に関する各種統計について」という資料が内閣府のHPに公表されています。

これによると2010年の時点では、山梨県の男性初婚年齢は31.4歳。女性初婚年齢は29.5歳。
つまり婚期を逃したのではなく、まだ荻野可鈴の年齢では婚期に到達してもいないと見るべきではないでしょうか。

ちなみに、この資料には未婚率も記載されています。
東京都の場合は25-29歳女性の未婚率は69.5%。30-34歳女性の未婚率は42.7%。35-39歳女性の未婚率は30.3%。
25-29歳男性の未婚率は79.3%。30-34歳男性の未婚率は54.3%。35-39歳男性の未婚率は41.6%。
東京都に住んでいる青年層は独身のほうがむしろマジョリティと言えるようです。

この資料は都道府県別、そして全国平均の数値が記載されています。
もし大学の社会学などの科目のネタ探しにお悩みの方、興味深い資料になっているのでご覧ください。