上海をゆく荻野可鈴!!
トイストーリーホテル。

中国語では「玩具総動員酒店」と言うそうです。

総動員・・・?

なぜかピクサー作品の多くは「総動員」がタイトルに使われています。
「汽車総動員」(カーズ)

「超人総動員」(Mr.インクレディブル)

「海底総動員」(ファインディング・ニモ)

「美食総動員」(レミーのおいしいレストラン)

どうやら同じフレーズを使い回すことで一種のブランディングを狙っているようなのです。
・・・しかし何でも総動員はないだろう??

さて荻野可鈴の宿泊した玩具総動員酒店はどんなホテルだったのか?




気になる料金ですが、

shanghai


平均が2.5万円!! 8千円の東横インに宿泊して「俺って上流になったよねドヤッ」とか思っている私には想像もつかない金額です! しかも中国の平均賃金を考えると外国人旅行者を意識した価格設定になっているものと思われます。

2016年にオープンしたこのホテル、当然ながらコンセプトはトイ・ストーリー。
作品の世界観を再現した内装になっています。

日本でも2021年に開業予定。日本のトイ・ストーリーホテルは地上11階、地下1階。東京ベイNKホール跡地を利用しています。

荻野可鈴は上海でトイ・ストーリーホテルに宿泊しましたが、私達も東京で同じ世界観を楽しむことができます。ディズニー好きの方はぜひチェックを!