荻野可鈴と山口はのんの身長差とはどれくらいなのでしょうか、胸がときめく位ですから、いい感じの身長差だったのだと思います。




本人の証言によると、山口はのんは168cmだそうです。(タンバリンアーティスツの公式プロフィールでも同じ数値でした。)

荻野可鈴はどうかというと、タンバリンアーティスツの公式プロフィールによると身長151cm。

つまり身長差は17cm。

山口はのんがハグしたという2019年10月6日、開局50周年記念「テレビ岩手感謝祭」に彼女たちは出演していました。この日の気温は、正午ごろで18度。普段関東に暮らしている人にとってはけっこう寒いですね。そりゃハグもしたくなりますね。


さてカップルの理想の身長差とは・・・。
ネットで情報を調べてみると・・・。
筆者がまわりの女友だちにリサーチしたところ、無理なくハグやキスができると答えてくれた女性たちは彼との身長差が10~20cmの範囲内。

反対に30cm近く身長差があるカップルは、ハグやキスがうまくできないという悩みを抱えていました。
(https://woman.mynavi.jp/article/190531-5/2/より)

一般的に、男女が並んで歩く時の理想の身長差は15cmと言われています。
これは、手を繋いで歩くにはちょうど良い身長差であるから、女性が高めのヒールを履いたとしても男性の身長を超すことがほとんどないからなどと言われています。
(https://arine.jp/articles/17642より)

理想の身長差としてよく挙げられるのが「10〜15cm」の差です。

女性の平均身長は158cmほどなのですが、10〜15cmほどの差を求めるとなると、男性の身長が173cm前後だと理想、ということになりますね。

ただ女性の場合、ヒールを履くことで男性と同じくらいの背になることもあります。

背の高い靴を履いていないときの身長が同じくらいのカップルの場合には、ヒールで女性のほうが背が高くなる……なんてことも。
(https://machicon.jp/ivery/column/50982より)

というわけで、15cm前後が理想の身長差だというのがいわゆる「相場」でした。

荻野可鈴と山口はのんの身長差が17cmですから、ほぼ理想の身長差ということになります。

もちろんカップルがうまくいくかどうかは身長差だけではなく性格的な相性の問題のほうが大きいものですから、荻野可鈴と山口はのんの二人の関係がどう発展してゆくのか、静かに見守りたいですね??