皆さんはGoogle Trendsをご存知ですか。
Google Trendsとは、インターネット上で検索されているキーワードの検索ボリュームや勢いなどを時系列で確認できるツール(無料)です。

本日(2018年6月2日)なら、全仏オープン、百万石祭り、ひょっこりはんが勢いのあるキーワードとなっています。

使い方としては、こんな感じです。試しにワールドカップという言葉の検索ボリュームや勢いを調べると・・・。
06062

画像だとちょっと見づらいですが、過去1年で(時期は自由に変更可能)、何月何日ごろにどういう検索ボリュームだったのかがわかります。

キーワードは複数指定可能。
例えば「ヒラリー・クリントン」と「ドナルド・トランプ」をアメリカ大統領選挙期間中に絞って調べてみると、どっちがどれくらい検索されているかが分かります。

夢みるアドレセンス。岩手県の検索量が圧倒的な件。

0602

もちろん、使い方によっては「夢みるアドレセンス」と「私立恵比寿中学」を比較して、どっちが注目されているかとか、7人いるメンバーの名前の検索ボリュームを比べあって、誰がどれくらいの人気があるかもなんとなく調べることが可能です。

むろん検索ボリューム=人気とは言い難いので、絶対的なものではありません。有名人がスキャンダルを起こすと検索量が一気に増えますが、スキャンダルで人気爆発するわけではないので・・・。

Google Trendsではどの地域で検索されているかも見当をつけることができます。
今日、管理人が注目したいのがこの機能です。なんと、「夢みるアドレセンス」という言葉が検索されている県No.1は、上の画像に現れているように圧倒的に岩手県でした。
間違いなくガンライザー効果。
志田友美がガンライザーに出演することで夢みるアドレセンスに対する関心も高まっていることが伺われます。


今回はGoogle Trendsの機能のほんの一部だけについて触れてみましたが、他にもいろいろな使い方があるはず・・・。大学のレポートとかでも役立ちそうですね。
皆さんもぜひお試しあれ。